フリーランスの皆さんがこぞってザワザワしだす2月末。

これが3月に入った途端に

確定申告終わりましたアピール」が始まります。

そして終わったら、打ち上げの宴

と思いきや

なんと2020年の確定申告

コロナウィルスの影響で

1ヶ月後の4月16日までに延長されました…!

喜んで良いのか複雑なニュースです。

そんな一区切りの大きな壁のような存在だけれど。

面倒くさいことは全てAIがやってくれます!

私自身、6回経験してきたということもあり、

確定申告は年々ラクになってきました。

確定申告が楽しいぞ!

各月の収入や支出を振り返ると

この月はこんなに頑張った

この月は出張が多かった

この月はやたらと本読んでいた

などと、忘年会のように振り返ることができます。

なかなか相談相手がいなかったり

相談しようがない決断の時でも

去年の今頃はこうだったから大丈夫だとか

今年こそはこうしようとか

記録を見ていると

気持ちの整理がつきやすかったりします。

自分のお金の流れを見るのは楽しいですし、

何より次の年の自分の仕事につながる。

会計ソフトのクオリティは年々上がっているので

確定申告を楽しんで乗り切っていけたらと思っています。

確定申告までの大まかな手順

私はfreeeという会計ソフトを使っています。

参考になるかはわかりませんが、

今回は私のやり方をお伝えしようと思います。

日頃やっていること

① 請求書を作る ▷ freeeの会計ソフトから作成

② 経費の支払い ▷ freeeに登録したクレジットカードを使用

③ 領収書やレシート ▷ 箱にボンと入れて保管

日々たったこれだけで

確定申告前に慌てることは何もない!

口座やクレジットカードを登録しておけば、

収支の金額、日付、勘定科目の記録が自動的に入力されます。

それを間違いがないかチェックするだけ。

領収書やレシートで処理したい場合も

画像を撮るだけでスキャンされ、

収支の金額、日付、勘定科目がパッと表示されます。

以前は数字も勘定科目も手入力でしたし、

読み違いの誤認識が多かったのですが、

今は精度がかなり上がっていると思います!

面倒くさいことは全てAIがやってくれます!

見落としがないか

読み込まれた数字と勘定科目に間違えはないか

① チェックして

② 印鑑を押して

③ 支払調書や控除証明の書類を貼る

それだけです。

MFクラウドやよいの青色申告オンライン を使っている方も

周りに多いのですが、

freeeは会計について良く分からなくても、

だいたいヘルプページを見れば解決するし

サポートもしてくれます。

ちなみに困ったことがあってfreeeさんに質問したところ、

2~3日後でしたが、ご丁寧なメールで返信をいただいたことがあります。

いつも本当にお世話になっております!

確定申告書類は早く提出すれば良いというわけでもない

1通の支払調書がこんな2月末の今朝、届きました…

こうなると数字が合わなくなるので書類の作り直し。

源泉徴収で差し引かれていた金額が戻ってくるので

ちょっとの手間でも、せっかくなら修正をしようと思います。

確定申告のルールは頻繁に変わる

申告の方法で控除額が変わるのですが、

2021年の確定申告から、

青色申告特別控除額と基礎控除額が変わります!

ざっくり簡単にまとめると

e-Taxのネット申請だと10万円分おトク

ということらしいです。

ネット申請では

マイナンバーカードとICカードリーダーが必要になります。

私のマイナンバーカードは

申請してから手もとに届くまで1ヶ月近くかかりました…

早めのご準備が必要ですね!