インド医学アーユルヴェーダの「シロダーラ」という

不思議な施術に興味を持ち、マッサージサロンへ行ってみました。

まずはアロマの香りを選んで、

しっかりと全身のオイルマッサージ

しっかりと身体がほぐされてから、

その「シロダーラ」が始まりました。

シロダーラ施術中の「無の境地」

額の上からオイルが流れると、

一本の紐のような柱がおでこに繋がれたよう。

始めはムズムズしてくすぐったくて

クスクスと笑いが止まらなくなりました。

ゲラゲラ笑いそうになるのを堪えていると、

だんだん頭が空っぽになり、

いつの間にか頭の中のおしゃべりも止まっていました。

ここは異国なのか別次元なのか、それすらもどうでもいい。

気がつけば、

くすぐったさも感覚すべてがないような状態でした。

まさに無の境地。

気持ちが良い~!とハイになるのではなく、

これが当然。というような落ち着いた状態でいられます。

樹齢200年の木になったみたい。

シロダーラ施術後の「困ったこと」

額をつたってオイルは髪に流れます。

オイルはヘアトリートメントの役割もあるので、

すぐ流すのがもったいなく、

結局ベタベタのオイルのまま、

シャワーキャップをした上に帽子をかぶって帰りました。

サロンによって使うオイルは違うと思いますが、

一度シャンプーでオイルを流しても、

頭皮までベタベタ感は数日続きます。

外出すると、汗で髪がベタベタな人と思われる可能性があるのと、

施術直後は日常のようなヘアスタイルにするのは難しいと感じました。

オイルのついた髪が冷えると寒いので、

寒い季節には向かないのかなとも思います。

かと言って暑い日にやると、汗で髪がベタベタな人だと思われそう。

不満はないけれど、次回への注意点も兼ねて少し困ったというお話でした。

シロダーラ施術後の「個人的な効果」

スカッと爽快感があるわけではないのですが、

気持ちが軽くなり、

血流が良くなった感じがしました。

施術後も2~3日ぼーっとしたような感覚で、

だるくはないのに眠気は続いてリラックスしていました。

視界は透明感のある明るさになり、

気が大きくなったわけではないけれど、

細かいことがどうでもよくなるような、

優しい気持ちになれるような。

「脳のマッサージ」と言われるだけあって、

意識できない部分に作用されているんだろうなと実感しました。

定期的にまた行ってみようと思います!